FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 カチョカヴァロ  /2009年02月16日(月)
花畑牧場生キャラメルが人気で入手困難な時がありました
が、生産体制も整ったのか現在では、前ほどではなくなり、
今はナチュラルチーズのカチョカヴァロが中々手に入らない
状態です。
花畑牧場のカチョカヴァロ
この名前の由来は、南イタリアではカチョはチーズ、カヴァロ
は馬を意味し、チーズを熟成させる際、2個をひもで結びつけ
左右にぶら下げる所が、馬に乗る時、左右にぶら下がって
いる鞍が似ていることから、馬の上という意味の
Cacio a cavallo となったとのこと。

食べ方はそのままでも美味しいとのことですが、花畑牧場
推奨のイタリア式
で食べてみました。
イタリア式とは、カチョカヴァロを食べ易い大きさでくし型に
カットし、その状態でよく冷やし、テフロン加工のフライパンを充分に熱し、油は使わずそのまま両面に焦げ目が付く程度に尚かつチーズの形が崩れない程度に焼く。
ポイントは、カットしたチーズを良く冷やしてから焼くことで周りがお焦げのようにパリパリとし、中身がトローッと焼き上がり、美味しく召し上がれる だそうです。
カチョカヴァロ出来立て
その状態で食べると両面がパリパリとした食感で、中身は
弾力があり微かにミルクの香りがするクリーミーなチーズ
でした。

気が付いたことは、調理後のテフロン加工のフライパンを見るとチーズから溶け出した油がけっこう残るので、油を使わず焼くというのも頷けます。
調理してから数分経つと堅くなってしまうので、焼き立てを
直ぐに食べた方がチーズも伸びていっそう美味しく感じる。
若干堅くなっても、両面はパリパリで中身が弾力のある餅のようで、これはこれで新しい食感。
カチョカヴァロの断面 カチョカヴァロ焼き立てだと伸びます
味が薄めなので、クセがなく色々な食材に合うと思います
が、僕の場合、軽く塩を振って食べて丁度良かった。

カチョカヴァロ
価格:1,050円(税込)
内容量:200g
賞味期限:冷蔵30日
保存方法:要冷蔵(10℃以下)
調理方法:そのまま・焼く等
原材料名:生乳、食塩
スポンサーサイト



2009/02/16(Mon)10:36
食事トラックバック(0)コメント(0)
<<脂肪を燃やせ │ HOME │ 久々のCR>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/346-53424fe6
 │ 日記TOP │