FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 中城城跡  /2009年04月16日(木)
中城城跡なかぐすくじょうあと)は、沖縄県中頭郡中城村に存在した日本の城で、2000年12月、琉球王国のグスク及び関連遺産群として世界遺産に登録。
中城城跡

かつて、貿易が行われていた屋宜の港から 2km ほど
離れた標高約 160m の丘陵上にあり、中城村の西北から
北中城村の南側に伸びていく丘陵の東崖縁を天然の
要害とし、300 余りあるグスクの中で最も遺構がよく
残っていることで知られている。
裏門 中城城跡 1
城は、連郭式の山城で、六つの郭で構成され、城壁は、主に
琉球石灰岩の切石で積み上げられており、自然の岩石と
地形的条件を生かした美しい曲線で構成。
築城技術としては、芸術的とも言われ歴史的に
高い評価を受けている。
中城城跡 2 中城城跡 3
西の方角に向けられた正面から、兵馬の訓練をしたと
言われる長さ 120m の西の郭、護佐丸が井戸を取り込み
増築したとされる北の郭
西の郭には夫婦井戸と呼ばれる二つの井戸があり、
城郭内に水を確保していることがこの城の特徴。
東に向かって建てられた裏門、霊域の南の郭、中城城で
正殿があった最も広い一の郭、曲線の美しさで一際目をひく
二の郭、新城とも呼ばれる三の郭、鍛冶を行っていたと
言われているカンジャーガマ(鍛冶屋跡)で構成。
中城城跡 4 中城城跡 5
中城城跡を含め沖縄のグスクは本土より古い時代から
石積技術が発達し、南の郭では野面積み、一の郭城壁には
布積み(豆腐積み)、北の郭・物見台ではあいかた積み
(亀甲乱れ積み)が見られます。

指定面積は110,473㎡(約33,400坪)でその内
14,473㎡(約4,300坪)が城郭の面積。

石垣の上に立つと西に東シナ海、東に中城湾(太平洋)、
勝連半島、知念半島、さらには洋上の島々まで見渡せ
眺望は素晴らしい。

数ある城跡を周りましたが、チケットと同時に資料を頂き、
中城城跡の詳細が分りありがたい。
駐車場は観光バスがメインのようで、一般車両のスペースが
小さいように感じ、シーズン中だと厳しいかも。

◎中城城跡管理共同管理協議会◎
観覧時間:08:30~17:00(6月~9月 18:00)
観覧料:大人:300円 中高校生:200円 小学生:100円
駐車場:無料
トイレ:有
所在地:沖縄県北中城村字大城503
電 話:098-935-5719


スポンサーサイト



2009/04/16(Thu)14:32
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
<<Blue Seal │ HOME │ 海中道路>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/378-427ad9bc
 │ 日記TOP │