FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 ゴーヤ栽培 摘心  /2009年07月05日(日)
  38日目

やっと摘心を行いました。

摘心とは、側枝を伸ばして花や実の付つきを良くする
ために、果樹などの頂芽を摘みとること
で、ゴーヤでは
本葉が5~6枚の時に親蔓の先端を切って、そこから下に
子蔓・孫蔓を伸ばすことでゴーヤの実付きを良くさせる
そうです。
伸び放題のゴーヤ
本当であればもっと早く摘心を行わなければいけなかった
のですが、本葉5~6枚と言うと50㎝にも満たない高さで
親蔓を切って良い物なのだろうかと躊躇していたら、もの
凄い勢いで伸び始め、3m近く伸びてしまいました。

最近、親蔓から咲き出してきた花は全てが雄花。
流石にこのままでは マズイ!
と実感した時には、遅かったのかもしれませんが~
基本通りに実行しなければと・・・・

本葉5~6枚と言われても、既に子蔓も沢山伸びており、
切るのも可愛そうなので、本葉10枚位の所を断腸の思い
で親蔓を摘心。
摘心しました
驚いたことに、その切り口からは水分が
出て垂れてきたのです。
そして、もっと驚いたことに先程まで瑞々しく生えていた
葉が、切られて数分で萎れてきました。

これが建物としたら、高層階に上水を送るには、
揚水ポンプが必要で常に適正圧力を維持しなければ
ならないのですが、直径5㎜にも満たない高所の蔓に
水分を送り続ける植物はもの凄いメカニズムだと、
暫しゴーヤを眺めながら違う視点で感心してしまった。

摘心の時期が遅くなってしまい果たしてゴーヤが出来るのか
色々と心配です。


スポンサーサイト



2009/07/05(Sun)16:30
食事トラックバック(0)コメント(0)
<<ヒートシンク │ HOME │ 強度UP>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/424-7c6f5ecd
 │ 日記TOP │