FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 93 LEGACY RS 優勝車  /2009年07月29日(水)
5月23日、東京三鷹の富士重工業東京事業所内に
多機能対規模拠点としてCAR DO SUBARU 三鷹を
オープンし、これに合わせスバルテクニカインター
ナショナル(STI)はSTIギャラリーを新設。
スバル・STIギャラリー
上記は最近知ったのですが、この場所は20年以上前に
富士重工三鷹製作所だった頃、エンジンのクランクシャフト
で関わっていたこともあり、僕にとって思い出深い
場所でもあります。

その敷地の一角にSTIギャラリーが新設され、1993年の
WRCラリーニュージーランドでコリン・マクレーがドライブし
WRC初優勝をもたらしたレガシィRSの現車が展示してある
と聞いたら、懐かしさも含め一寸覗いてみたくなりました。

久々に来てみると工場内に延びる真っ直ぐの道路手前右側
に以前あった受付は、CAR DO SUBARUとSTIギャラリー
敷地分だけセットバックされ中間位に位置し、確かこの辺に
食堂か駐車場があり、左側建物2Fにロッカーが
あったような~

突き当たりには噴水と建物内に歴代エンジンのカットモデル
が展示され、突き当たり左側には試作工作課があったと
記憶しています。
現在は噴水とその後ろにあった建物は取り壊され、昔の面影
は残念ながらありませんでした。

余韻に浸っている場合ではなく、STIギャラリーに着くや、
ELVで2Fの車両展示ゾーンへ驀地!

ありました93レガシィRS
コリン・マクレー/テレック・リンガー車
その横には違う競技車両が・・・・
93 LEGACY RS コリン・マクレー/テレック・リンガー優勝車 前 93 LEGACY RS コリン・マクレー/テレック・リンガー優勝車 後
関係者らしき人が、車の配置を変えたり掃除をしている
最中でした。
もう一台の車両はというとニュルブルクリンクサーキット
(ドイツ・ニュルブルクリンク24時間レース)から帰ってきた
ばかりのインプレッサWRX STI だそうです。
ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットから帰ってきたばかりのインプレッサWRX STI
1人でその光景を眺めていたら、関係者の方から今日は折角
なので中をご覧になって下さいと~
関係者の御厚意で車両の中を・・・・・
予想外のサプライズに驚きです!

WRCレーサーの端くれ(WRC4シミュレーションゲームで・・)
としてコクピットを09インプレッサWRカー仕様(blog)にして
いるので、93レガシィRSの現車は、やっぱり気になります。
コリン・マクレーがドライブしWRC初優勝をもたらした93レガシィRSのコクピット
レガシィRSコリン・マクレー車ではステアリングパイプにある
2本の棒が気になり質問した所、その先端にワイパーと
ウィンカーSWが付いているとのこと。
ペダル類を覗き込むとガッチリとした造りが分かります。
93レガシィRSのステアリング回り 93レガシィRSのペダル回り

ニュルブルクリンクサーキットから来たばかりのWRX STI は
車内がガソリン臭く、ボディにはキズがあり生々しい!
ドイツ・ニュルブルクリンクサーキット仕様インプレッサWRX STI コクピット内
ボンネットは鉄やアルミではなくカーボン製。
フロントグリル中央から出るノズルはタイヤ交換時、車体
下部4箇所から出るジャッキアップ用の
エアー注入口だそうです。
ドイツ・ニュルブルクリンクサーキット仕様 ジャッキアップ用のエアー注入口 ドイツ・ニュルブルクリンクサーキット仕様 ジャッキアップ箇所
2009WRカーの展示について聞いてみると今の所ないが、
順次歴代車を予定しているとのことでした。

対応して頂いた関係者の方は、こういった場面でお客様と
接することはないそうですが、お忙しい中、写真を撮って
頂いたり、技術関係の質問にも快く回答して頂き
大変参考になりました。

この場をお借りして、ありがとうございました。
今日は忘れられない1日になりそうです。

ギャラリー出口でSTIspecCのカタログを・・・・・

帰宅後、09仕様コクピットでニュージーランドラリー
アタックしたのは言うまでもない。


スバル・STIギャラリー
所在地: 東京都三鷹市大沢3-9-6
営業日: 年末年始・特定の休業日を除き定休日ナシ
営業時間: 9時30分~19時
駐車場: 有り


スポンサーサイト



2009/07/29(Wed)13:02
トラックバック(0)コメント(0)
<<餃子の王将 │ HOME │ 白ゴーヤ>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/433-98bd79b9
 │ 日記TOP │