FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 SG-2000メンテ  /2009年08月05日(水)
20年以上も前に購入したSG-2000ですが10数年前に
フレットの減りが目立つようになったので打ち直しを
しました。
同時にこの機種になかったSG-1000と同じ機能の
ダイレクトサーキットバイサウンドシステムにするため
オプショナルパーツの
Tone Control(OVH-TⅡ当時の型番)を
フロント・リヤ各1個追加し配線。

それからというものの、これといったアクシデントもなく
何時しかインテリアに~

最近、また本気で練習を始めようと思い、先ずはギターの
メンテナンスから始めてみました。
弦の張り替え 高中ピック 風見鶏のマッチ
ハードケースに入れっぱなしであったので、保存状態は
悪くないと思いますが、弦は張ったまま!

フロント側エスカッションは上記の配線時に外して
元に戻した際、強く締めすぎで割ってしまったのを
思い出しました。

当時はこれで音程に変化が出ることでもないので
そのまま使っていましたが、最近は見た目を
気にするようになりまして~

部品取り寄せが出来れば交換予定です。

記憶の中で、SUS製のフレットに交換したと思いますが、
暫く使っていない間にフレットに輝きがなくなり黄ばみが
付いていたので、各弦をチョーキングする感じでフレットを
磨いたりしてましたが綺麗にならない所も・・・・・
SG-2000を磨いています

駄目元でその件を楽器店で相談した所
良いものありますよ~

早い話、目の細かいサンドペーパーみたいなもので磨くの
ですが、そのままフレットにこすりつけると指板まで削って
しまうので、指板を削らないようにカバーするステンレスの
プレートがありました。
フレットを磨く際、指板を傷つけないためのプレート
何本ものギターを持っていて、全部のギターに手が回らない
とか、暫く冬眠状態にあったギターのフレットを綺麗にする
にはもってこいです。


スポンサーサイト



2009/08/05(Wed)16:57
音楽トラックバック(0)コメント(0)
<<ゴーヤ栽培 収穫 │ HOME │ ゴーヤ栽培 収穫>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/440-3ea78f05
 │ 日記TOP │