FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 いきなり壁が~  /2009年08月22日(土)
今、SG-2000はリペアに出し、ギターが弾けないので
その間、練習曲のカラオケ(ドラム・ベース)でも作ろうかと
早速DR-880を動かしてみる。

昔買ったリズムマシーンは液晶表示がなかったので、流れが
全く理解できず2・3回で押し入れ行きになりましたが、これは
大きな表示があるし、そうならないことを願い諦めないように
頑張ってみようと・・・・

練習している曲は高中正義T-WAVEに収録されている
Le Premier Mars
高中正義ギターサウンドより
この曲は、僕の中でベスト5に入り、SG-2000を購入した
時から、何時かは、この曲を完全にマスターしたいと
思っていました。

また、市販されているカラオケCDにはこの曲が収録されて
いるものがないのでドラムパートを自分で作るしか
なかったのです。

最初にパターンの基本設定を決めるのですが、ここで
Beat(拍子)、Measures(小節数)、Tempo(テンポ)
等の項目を決めるのですが、いきなり言葉の意味が・・・・
早速ネットで 小節 の意味を捜してみたら
楽譜の読み方講座といったのがあり、縦の線で仕切られて
いる1つのマスということで分かりました。
(こんなレベルです)

決まったパターンを呼び出し、それを加工する方法もある
ようですが、ユーザーパターン(プリセットパターンP500番
以上よりU001となる)を使いCDを何回も繰り返し、同じ
ようなドラムの音を探し出し、テンポを合わせる
作業を行って見た。
Le Premier Mars を構築中
ドラムを叩くパッドの打つ強さで、音の強弱を記録しますが後
からその強さで一つ一つのパターンが同じでもリズムが変わ
ってしまうのが分かったりで、改めてドラムの難しさが・・・・

幸い音の大きさが違っても後から一つ一つ調整出来るので、
同じような安定した音を連続させることが
可能なことが分かり安心。

最初から最後まで機械的に同じテンポで行くのかと思ったら
途中で合わなくなり、ドラムパートの位置やテンポを微妙に
ずらしてCDとタイミングを合わせたりしていたら、丸一日、
リズムマシーンと向き合っていました。

このようなやり方で、合っているのか分かりませんが、
41小節目まで簡単ではあるけどドラムパートが何とか
出来上がった。

結構疲れます。


スポンサーサイト



2009/08/22(Sat)17:07
音楽トラックバック(0)コメント(0)
<<ゴーヤ栽培 黄色ゴーヤ? │ HOME │ DR-880>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/448-35c0f4bc
 │ 日記TOP │