FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 SG オルタネイトピッキング  /2009年10月04日(日)
何を始めるにしても形から入るため、肝心の練習は二の次に
なってしまうのが悪い所!

持ち歩きを考えME-70blog)をケースに納めました。

少し大きめのケースを選び、空いた場所に
#6180 ERINE BALL のボリュームペダルを追加。
ケースに収めた BOSS ME-70
ME-70にもボリュームペダルはありますが小ぶりだし
ストロークが少なめ!

練習曲(THE MOON ROSE 他)にはバイオリン奏法が
入っているし操作性を考え確りしたものを選択。

高中ファンであれば Good Rich が定番なんですが
コンパクトさとケースの大きさを考えるとERINE BALL の
ボリュームペダルの中でもコンパクトな#6180を
横に並べてみた。

作りはアルミを使用しガッチリですが、POT を動かす
箇所に凧糸のようなものを使っている所が
なんともユニーク!

彼の曲はオルタネイトピッキング(ダウンとアップを交互に
繰り返す奏法)を完全にマスターしないと途中で断念する
ことになったり、ここぞとばかりの盛り上がるフレーズに
アクセントがなくなってしまいます。

昔は弾けたと思っていた曲も、現在になり改めて練習して
みると音程や区切りが微妙に違ってたりすることが結構あり
いい加減に弾いていたんだな~ と。

何せTAB譜が先生だったので、ただこの通りにアクセントも
考えず、ただ指を早く動かすだけ。

何となく音が違うな~
とは思ってたんですけど。

TAB譜の教則本でも同じ曲が出版社によってポジションが
違い、どれがホントなんだと当時は思っていましたが
曲を確り聴いて、最適なポジションとホームを自分で
見つけなければならないことを数十年経った現在ようやく
理解してきた。

でもやっぱり難しい~

普通に聞いている CD では何とも思いませんが、いざCDと
平行しスピードに合わせて弾くと必ず置いてかれます。

やっぱりプロの指の早さは違いますね!


話は変わって2年前位に Fender 高中モデル(限定100台)
が発売していたのを最近知りました。

もしその時に知っていたら買えたかどうかは疑問ですが
今思うと非常に残念でなりません!

第2弾として、やはり YAMAHA からトレモノもないシンプル
SG 高中モデル を期待。


スポンサーサイト



2009/10/04(Sun)15:56
音楽トラックバック(0)コメント(0)
<<銀杏 収穫 │ HOME │ ゴーヤ栽培 天ぷら>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/466-c4b278b2
 │ 日記TOP │