FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 銀杏 ビールの・・・  /2009年10月10日(土)
昨日から2日間の天日干し(blog)で銀杏の殻も乾燥し
表面が真っ白くなりました。
天日干しで乾燥した銀杏
早速、今晩の夕食にビールのつまみで味わうことに~
(実はこれが一番したかった~)
油を使わずフライパンに銀杏を入れ、全体に熱が伝わる
ように炒ります。

これで良いのか分かりませんが、銀杏を炒りながら
注意深く観察していると殻に小さな亀裂が入り、そこ
から水分がプシューと飛び出し、全体に軽く焦げ目が
付くのを待ちます。
フライパンで炒っている銀杏
炒ったばかりの銀杏を皿に置いて耳を澄ますと彼方此方から
割れた隙間から出る息遣いの合唱が聞こえて面白い。

殻を割るには、堅い物で叩くのが普通ですが、色々と試した
結果、電工ペンチが1番楽で作業が早いのが分かりました。

もちろん慣れが必要ですが、ペンチ先のギザギザに銀杏の
両端にある角を挟むとすっぽ抜けることがなく、潰す感じで
握り割れたと同時に力を抜く!
言葉では簡単かもしれませんが、数個の犠牲を覚悟で
割って練習すれば意外にも簡単。
電工ペンチで割るのが簡単です
正に寸止めとなるのですが、銀杏の実は弾力があり、よほど
力を入れない限り潰れることはないと思います。

パシッと割れた瞬間、中から香ばしいにおいが フワァ !

のんびりしている場合ではなく、熱々の内に実を取り出さない
と殻の中にある薄い渋皮が実に張り付き剥がしにくくなるの
で熱いけどここからは時間との戦いで食べている暇はない。

炒ったばかりの銀杏は、ルビー色でとても綺麗。
炒ったばかりの銀杏
所々少し焦げ目が付いてしまったが軽く塩を付けて食べて
みると味には問題なく香ばしさとモッチリとした食感。

のんびり食べたいものですが、ここからも時間が経つと実が
締まり堅くなって美味しさが半減してしまうので、柔らかい
うちにサッサと食べなければならないので結構忙しい~

美味しく食べるには、面倒でも少量をずつ炒って
食べるのが良いかも!

銀杏に初めてのノンアルコールビールで飲んでみましたが
 飲んだ瞬間、オォ!
と思ったのですが後味が全然違うので一寸ガッカリ。

やっぱり本物とは違う・・・・

やはりこの絵が一番合いますね~
なんだかんだって、この絵が楽しみだったのかな・・・・

ゴーヤもそうだけど季節感を味わうのって最高です。


スポンサーサイト



2009/10/10(Sat)18:51
食事トラックバック(0)コメント(0)
<<ゴーヤ栽培 最終日 │ HOME │ 銀杏 下処理>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/467-4dede60d
 │ 日記TOP │