FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 キャブレター OH  /2010年01月05日(火)
去年に林道ツーリング用のXR250R(ME06)の
FR 側ブレーキキャリパーOHblog)し、実際に
走行させブレーキの動作確認をしようと
エンジン始動させるためキック!

しかし、全く掛からなくて困りました。

過去、長期間ガソリン交換を怠り、古いガソリンのまま放置
しておくと同じような現象が起こったので、月1のガソリン
交換と週1にエンジンを動かし、キャブレター内のガソリンを
フレッシュにしていたつもりでしたがアクセルを吹かさず
アイドリンングのままではキャブレター内のスロットルバルブ
も動かないのでフロート内に劣化したガソリンが少しづつ
蓄積し、その汚れが各ジェット類の小さな穴を目詰まりさせ
エンジンが掛からないのではと推測。

キャブレターASSY

そんなことでキャブレターの分解清掃を実施。

分解してみて、フロート内は思った程汚れはなかったが
ジェット類も含め専用クリーナーで清掃。

ジェット類の小さな穴を清掃 細かいパーツの清掃を行った

組み付け後、エンジンは一発で始動するものかと当然のように
思っていましたが外気温が低い中、汗が出るほど連続キック。

エンジンの掛かる気配は全くなく、暫く冷静に考え、点火系に
問題があるのではないかとプラグを確認すると真っ黒。

素人目にもこれではスパークしないよな~ と思い綺麗に清掃。

キック一発!
今迄が嘘のように呆気なく始動。

どうやらキャブレター分解清掃は必要なかったようです。

プラグのことは全然考えていなかっただけに拍子抜け。

考えてみれば、たかがプラグですが、このスパークで
点火・爆発を繰り返しエンジンが動くのですから
重要な箇所で最も注意すべきでした。

灯台下暗しではないけど少し遠回りして不具合箇所が
分かりましが、このような失敗は2度としないと思います。

プラグの状態(焼け具合)を確認するのは
基本中の基本でした。


スポンサーサイト



2010/01/05(Tue)10:31
バイクトラックバック(0)コメント(0)
<<塩生キャラメル │ HOME │ わらび餅>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/505-dfbb5b47
 │ 日記TOP │