FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 CRFパーツ流用計画3  /2010年11月12日(金)
待ちに待った Good Ridge buildaline のブレーキホースが
届きました。

こちらの良い所は、カシメ方式なので純正に近く軽量、しかも
シンプル構造でコンパクト。

バンジョウの角度も取付時に最適の場所で固定出来ること。

オフロードタイプとはいえノーマルのホースと比べると
細くて頼りない感じ。

交換前に何ですが、ノーマルの太さは格好悪い印象でしたが
考えてみれば約15年間、何の問題もなく機能していたのです
から丈夫で長持ちです。

マスターシリンダーをCRF・R化することでバンジョウの取付
角等が合わず既存のホースが使えないためオーダーでホース
の作成依頼したのでした。

交換後のブレーキタッチが同等かそれ以上であることを
祈るばかり~

まず純正と同じようにしたかったのでガイドチューブ下に
クリアーの柔軟チューブをキャリパー付近迄通し見た目を
純正と同じ仕様にしました。

ホース比較

ホース自体は外径7.5mmですがソケットが付いていると
外径約13mmとなり、外径12mm 内径11mmのクリアー
ホースその差1mmとはいえ中々入らないのでソケットに
シリコンスプレーを掛け滑りを良くして強引に挿入。

    早速取り付けようとしたら~

Good Ridge buildaline のソケットは11mm。

11mmのスパナが必要

今迄使ったことない寸法だったので作業を中断し
11mmのスパナを買う羽目に・・・・・

ホース寸法に関しては、確り測ったのでドンピシャ!

バンジョウの取付に関しては色々な角度が用意されていましたが
マスター側の取付方がノーマルとは若干違い同じように付かないに
しても、まとまりよく長くもなく短くもなく丁度良いかな~。

ホースの長さは丁度良い

マスターシリンダー側のバンジョウボルトはプレッシャーSW付き
のためやや出っ張りますが干渉することはなさそうです。

プレッシャーSW付バンジョウ 取付前 プレッシャーSW付バンジョウ 取付後

  ブレーキオイルを入れ、エアー抜き開始。

マスター側からDOT4を補充しましたが中々キャリパー側に
入ってくれなかったのでバキューム式でエアー抜きを行った。

プレッシャーSW内のエアーが抜けずらくフニャフニャ感が残る
との情報もあったので慎重に実施。

見た感じノーマルと同じ

一通り取付作業も終わり、ブレーキの効きとタッチの具合、強く
ブレーキを掛けた時のホースの弛みとプレッシャーSWの反応を
確認するため周辺を走ってみました。


 あくまでも個人の見解で

 メッシュホースの組合せでブレーキタッチはカッチリしたと
思いきや初期作動は柔らかく握った分だけ微妙に効き路面状況
に応じコントローラブルになったのではないかと思う。

  しかも

  少ない力でブレーキが効くことで指も疲れないかな?

 プレッシャーSWはレバーを握ってから少し遅れて作動する
イメージがありましたが機械式SWと殆ど変わず反応は良好で
違和感なし。

絶対的な制動力は変わらないにしても、タッチが良くなったことと
マスターシリンダーが小型になりハンドル廻りがスッキリ。

コンパクトになりました。

  何だかんだ言って気分的なものが1番かも知れない

あくまでもグリップの良いアスファルトでの感触なので問題ないが
近々滑りやすい林道(ダート)を走り、変化を見てみたいです。


スポンサーサイト



2010/11/12(Fri)13:33
バイクトラックバック(0)コメント(0)
<<CARBONARA │ HOME │ 箱根プリン>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/623-14e93b78
 │ 日記TOP │