FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 Thru Box 設置  /2011年01月06日(木)
エフェクターボード内機材の先端と最終(ギターからのINと
エフェクターからギターアンプへのOUT)のケーブルプラグを
頻繁に抜き差しするとエフェクター側のジャックが傷むので
はないかと思うようになりました。

ジャックに不具合でもでれば最悪の場合、修理に出す羽目に
なり面倒です。

ギターからのINとアンプへのOUTのジャックを1箇所にまとめる
ボックスでもあれば頻繁に抜き差しして不具合が起きてもエフェ
クターのジャックは傷めないし、ケーブルを繋いだ状態でボード
のフタを閉めることができれば便利だと思い、そのような商品が
ないかショップで聞いてみるとThru Box(スルーボックス)又は
インターフェースと呼ばれるものがあることを知りました。

Thru Box

そういわれてみれば他のボード内を見ると右上端にそのような
小型ボックスが設置してあるのを何回か見たことがありました。

小型エフェクターを新たに3個増設blog)したことでケーブル
の取り回しにコンパクト化が要求され、ボード内を整然とさせる
にはThru Boxがあれば機能的で便利かと思ったのです。

持ち運びに便利

小スペースにギリギリですが、Lava Cableを使ったこともあり
ケーブルを繋いだままケースにも収まり、移動したときも現場で
ケースを開けて2本のケーブルジャックをギターとアンプに差す
だけで準備完了。

このThru Boxは入出力各1系統、個人的には入力1・
出力2系統が欲しかったのですが流石にこの大きさで
は無理らしくこの仕様となりました。


でも大半は自宅でのサンデープレーヤーなのでジャックの抜き
差しは殆どなく、この環境ではあまり意味を成していないかも
しれませんが気分的に一寸プロっぽい感じを形だけでも
味わってみたかった。

   それだけなんですね~


ギターを弾くのも楽しいですが、ボード内のエフェクターの配置や
電源・ケーブルの取り回しを ああでもない こうでもない と色々
考えたり手直ししていくのも楽しみの1つ。

Lava CableとLava Plugの簡単さもあって
               動き出したのも事実ですが・・・・・


バイクと同じで乗るより整備している時間の方が長い!

いつも環境ばかりが最優先し、練習がおろそかになってしまうの
が悪い所ですが、楽しくなくては意味がないしサンデープレイヤー
略してサンプレにとってこういった時間が実に楽しいんですよ!


スポンサーサイト



2011/01/06(Thu)10:43
音楽トラックバック(0)コメント(0)
<<TEXAS2 BURGER │ HOME │ 銀杏爆発!>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/640-16f8de5c
 │ 日記TOP │