FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 混合水栓  /2011年03月31日(木)
最近の蛇口は、給水と給湯は混合される混合水栓が主流で、どこの
ご家庭でもよく見かけるようになりました。

水を出す、止める、湯温と水量の調整がレバー1本ですむので簡単なことと見た目が洗練され格好もいいです。

しかし、東日本大震災の後、会社で見直された数ある中の1つに
この混合水栓の交換がありました。

通常
1.レバーを下げると→開(水が出る)
2.レバーを上げると→閉(水が止まる)
3.レバーを左右に動かして水温調整

交換後
1.レバーを下げると→閉(水が止まる)
2.レバーを上げると→開(水が出る)
3.レバーを左右に動かして水温調整

混合水栓 1
レバーを下げて水が止まる

混合水栓 2
レバーを上げて水が出る

それぞれ3は同じで変わりませんが、1と2がまんま逆転。

どういうことかというと
確かに操作は簡単で便利なのですが通常の場合、地震等で何か重たい物がレバーを直撃し、押し下げてしまい水が全開状態となるのを防止するためです。

全開状態となったことで大量の水が排水しきれないで溢れたり
排水が出来ても、落下した物が排水口を塞ぎ溢れるのを防ぐため
でもあります。

社内は省エネのため数年前から館内の温水は全て出ないようになっているので実は混合水栓は不要。

不経済なことをしてるように感じるな~

見た目は古くささを感じても昔ながらの給水と給湯に個別ハンドルがある方が誤動作がなくて確実。

小便器の光電センサー(用を足した後、自動で洗浄する)など便利なものが沢山ありますが、電気が遮断されたら水を流すこともできないのだから情けないです。

これからは実績のある昔ながらの機械式に戻した方が良いようにも感じました。

  何時か見直される日があるかもしれませんね。



スポンサーサイト



2011/03/31(Thu)09:53
雑記トラックバック(0)コメント(2)
<<もうすぐ~ │ HOME │ 糞公害 その2>>
省エネ
 お元気ですか

水力発電を利用したものはアイデアだなと思い確認しました。
ザックリですが、電気工事や外部電源を必要とせず洗浄水の吐水
を利用し水力発電機からのエネルギーを充電しつつ赤外線センサー
・制御回路・電源回路・電磁弁を作動させるようですね。
流量不足による充電切れを補うバックアップ電池があったりと
万全態勢で、各メーカーは色々なシステムを考えていて驚きです。

 話は変わりますが
3月から仲間とRCを再開する予定だったのですが
震災の後だけに自粛中です。

  青空の下で飛ばす日も、そう遠くはないはず。

電源不要もあるみたい
私も電源が無いと水が出ないなんて...と思って検索してみたら、バッテリ式(コイン電池で約3年動作)や水力発電型もあるらしいですよ。
ttp://www.toto.co.jp/docs/auto_eco/
最初は「電気使って漏電とか感電しないのかな?(特に小便器!)」って思って調べたんですが...笑
2011/04/02 16:41 │ Y.Mita URL #vitxglkA[ 編集]
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/669-6b0902c8
 │ 日記TOP │