FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 備瀬のフク木並木  /2011年04月21日(木)
今まで、沖縄の観光雑誌を隈なく見てたつもりですが、この
備瀬のフク木並木は今回初めて知りました。

備瀬のフク木並木 始点

フク木(方言名:プクーギ)はオトギリソウ科で原産地はフィリピン
推定樹齢は250年~300年、樹高は15m~30m。

備瀬区は本部半島の先端部、北緯26度42分 東経127度53分に
位置し弓形の海辺に沿った砂丘の上に形成され起伏の少ない
珊瑚礁の集落。

個人的に、大草原の中にあるポプラ並木など直線道路の両脇に
並ぶ木々の風景が大好きで、こんな場所に何時か行って見たい
と思っていたのです。

北海道の土地柄なら雰囲気的にもわかるのですが、沖縄に
このような場所があったとは~

そんなことで、この写真を見た時は、居ても立ってもいられなくなり、
前日その近辺に行ったにも関らず再度現地に向かったのです。

現地を目の当たりにすると、写真とは少し印象が違い、並木という
よりは、古民家の細い私道に生い茂ったフク木がある。

   そんな感じでしょうか!

備瀬区のフク木並木は県内最大規模を誇り、1983年(昭和58年)
沖縄百選に選ばれており、備瀬集落を碁盤の目のようにある細い
小道に、防風・防潮・防砂・防火から家屋などを守る防風林として、
又沿岸屋敷林として植えられているようです。

可愛い順路標示
途中にあった可愛い案内表示

沖縄独特の古民家が、ここには当たり前のように立ち並び、この地区
一帯が生きた資料館のようだ。

空が見えないほど生茂っていることから真夏でも強い日差しを遮り
当日はこの小道にとても爽やかな風が流れて快適でした。

備瀬のフク木並木 1 備瀬のフク木並木 2

並木終点の先には小さな島(聖地)があり干潮時には、その島に
歩いて渡ることができるようです。

親切なレンタサイクルのおじさんによれば、この辺は潮の流れが
早いので注意して下さいとのこと。

残念ながら、備瀬フク木並木通り終点で引き返してしまったので
この島は見ることができなかった。

駐車場は、当然の話ですが奥まで行けばフク木並木近くに無料の
駐車場(トイレがある広場)があるので、混んでいて止められない場合
を除き、手前にある有料駐車場を利用するメリットは何もありません。

僕の場合、たまたま場所を尋ねたおばあさんが、自分の有料駐車場
(500円)に誘導し、入口を案内すると連れていかれた所は無料駐車
場がわからないように、その手前から入るよう一緒について来た。

案内途中で、この土地は中国の文化が根強く残っているなど風習
などを親切に説明して頂いたのとフク木並木をバックに僕のカメラ
のシャッターを押してはくれたが~

お金を損したとかそんな問題ではなく、ガラ空きの無料駐車場が
目の前にあるのだからそこまでしなくてもと・・・・

  観光地にはこんなこと沢山ある話だけど~

着いてそうそうガッカリでしたが、フク木並木をゆっくり歩いていた
時です。
いきなり背後から1匹の犬が追い抜いてきて、後を付いてこいと
言わんばかりに僕の方をチラチラと振り向き歩幅に合わせ1m位
間隔を保ち、先を歩いて誘導してくれるのです。

備瀬のフク木並木の案内犬?

偶然とも思ったのですが、複雑な迷路を順路通りに歩き終点
付近で何処かに消えて行った。

備瀬のフク木並木 終点

駐車場の件があったばかりなので、何処からともなく案内料でも
徴収されるかと周りを見渡したが、流石にそれはなかった。

有料駐車場で500円支払ったけど、案内犬に払ったと思えば
気持ちが楽に~

あの犬は何だったのだろうか・・・・

ただ単に、自分の家に帰る途中だったのか

いや、あれは幻の案内犬

  そういうことにしておこう。

運がよければ案内犬に出会えるかもしれませんよ!



スポンサーサイト



2011/04/21(Thu)12:58
探訪記トラックバック(0)コメント(0)
<<イルカラグーン │ HOME │ 南部方面へ>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/688-5eb114a3
 │ 日記TOP │