FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 パンク修理キット  /2011年10月02日(日)
前回、帰宅途中パンクに遭ったことで、これが出勤途中であったらと考えパンク修理キットを常備していなくてはと思い、ようやく購入に踏み切りました。

パンク修理キット

そういった場面に直面すると色々と考えるものですが、時間が経過すると気持ちも薄らいできてしまいます。
まして、パンクなど早々あるものではないので尚更のこと。

最近、路面を良く見ながら走行していると色々なものが落ちていることに気がつくようになりました。
バイクなど道路の側面を走行することが多いので鉛筆・釘・ドライバーなど信じられないものが普通に落ちています。
僕の場合は、自転車のムシblog)が突き刺さっていたので何が落ちていても不思議ではありません。

車・バイク等タイヤは頑丈なものと思いがちですが、柔らかく知らず知らずのうちに小さな金属やガラス片が表面に突き刺さっていることは多少なりともあり、パンクに至らないだけで、紙一重の出来事だと思います。

チューブレスタイヤのパンクは細いもの(普通の釘)が刺さった場合であればチューブありと違い修理は至って簡単、誰でもできるのではないでしょうか。

実際、チューブレスのパンク修理はしたことがありませんが、何度か間近で見た感じではそう思いました。

パンク修理キットは多数でておりますが、収納ケース、エアーボンベ付のフルセットであるものを最初から検討。

パンク修理キット 中身

パンクだけ修理しても空気が入っていなければ、まともに走らないしタイヤを傷めてしまいます。しかし、付属のエアーボンベは炭酸ガス(CO2)のためゴムを透過しやすく、ある程度入れてタイヤが膨らんだらガソリンスタンドまで辿り着くための応急用と考え、ここで通常のエアーに入替て空気漏れや空気圧などチェックした方が良いそうです。

本来なら、パンク修理を体験したいところですが、あえて穴を開けて実践することもできないので、その機会があったらレポートしたいと思います。

それと、スクーターのリア側に空気を入れる際、走行直後だとマフラーは熱く、ディスクローターが邪魔、バルブにホースが繋ぎにくいので、200mmのジョイントホースも一緒に購入してバイクに常備。

これから秋も深まり、高速に乗って紅葉を見に行くこともあるので、
途中パンクで立ち往生なんてことがないようにしたいと思います。


本音はパンクより出勤時の遅刻が怖い!

  それが1番かも~



スポンサーサイト



2011/10/02(Sun)09:15
バイクトラックバック(0)コメント(0)
<<11 沖縄の回想 │ HOME │ 11 ゴーヤ栽培終了>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/774-4a7cd414
 │ 日記TOP │