FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 3弦を変更  /2012年01月11日(水)
初めてこのギターを弾いた時から、他の弦と比べて鈍い音と思っていたのですが~

ウクレレギターUGの3弦の音が、他の1~2弦のカリッとした音に比べ、明瞭でなくコモッタ感じがしたので、単音弾きに関してはあえて3弦で弾くところを2弦のポジションで弾いてました。

音程は合っていても、1・2弦から3弦に移ると素人にも艶やかさに欠け、雰囲気が変わってしまうのが分かったのです。

これがクラッシックギターなのだと言ってしまえば、それまでなんですが、弦単体の値段は安いことですし、同じテンションで他のメーカーを使い、高音弦(1~3弦)が均等な艶やかさがでるものか試して見ました。

AUGUSTINのRED

本来なら同メーカーで違う種類のものと比べてみたかったのですが、近くにある行き付けの楽器店には、D'Addario Pro Arteのバラ売りがなく、AUGUSTIN(オーガスチン) SAVAREZ(サバレス)、YAMAHAのバラ売りのみ。
恥ずかしながら初めて聞くメーカーもありましたが、クラッシックを弾いている方であれば、誰もが知るメーカーだそうです。

D'AddarioのPro Arte EJ-45(以下EJ-45と表記)のNormal Tensionに相当する弦を探すとAUGUSTINRED(以下REDと表記)がMedium Tensionで同等ではないかと3弦(税込179円)のみ購入。

先日、交換したばかりのEJ-45blog)でしたが、3弦のみ再使用できるよう丁寧に外し、REDの3弦と張り替えて音色を比べてみました。

双方弦の直径に関して、EJ-45はパッケージに1.024mmとあるもののREDには表記がないため正確な数値は分かりませんが、並べてみると同等かほんの少し太く見え、弦色はEJ-45がクリヤー、REDは少し曇りがかった感じに見えます。

D'AddarioのPro Arte EJ-45とAUGUSTIN REDの比較

肝心の音ですが、使い込んだEJ-45の音と比較になり、REDは若干艶やかになったような気がするといったあやふやなもの。
確かに3弦には違和感は感じたものの、新品のEJ-45と変わりない音かもしれない。

弦を交換するに当たり、各クラッシック弦メーカーのサイトを見て、その歴史などを読む羽目となり何だかんだで時間を費やした。
プロの方には演奏曲毎に自分の合った弦に変更するなど、色々なメーカーで混在した組み合わせもあるようです。

正直、3弦だけ交換して、音の違いも確りと分析することが出来ないのに、これ以上違う弦で試す意味があるのか、初心に返ればEJ-45が素晴らしい弦であることが分かりました。


最終的に、横道にそれた時間を練習に費やしなさいとう結論が~

何というオチでしょう・・・・・・・・


でも、後々何かの切っ掛けで、違う弦で再燃するかもしれません!


スポンサーサイト



2012/01/11(Wed)09:57
音楽トラックバック(0)コメント(0)
<<和-STYLE  │ HOME │ Rブレーキパット交換>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/826-3ff349f0
 │ 日記TOP │