FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 GT-100  /2012年03月18日(日)
僕には前のBOSS ME-70blog)のマルチエフェクターがコンパクトで丁度良かったのだが、エフェクターの残響音を残しつつ、次のエフェクターに切り替えたり、途中にコンパクトエフェクターを繋ぎ、ボード側でON、OFFできるなどGT-10blog)の機能が、後々の拡張に有利だと思い買い替えてしまったのだ。

しかし、GT-10を手にした時、正直大きいなー と思った。

でも買ってしまったものはしょうがないと諦めるも、設定が細かくできるのは良いけれど素人には難しく思うような音が作れないでいたのです。

  一寸失敗だったかな~て

  正に宝の持ち腐れです。

そこに、ウクレレギターblog)が来たことでますます触る時間が減りました。

元々、マルチエフェクターで全部できてしまうのに、横にコンパクトエフェクター等を追加することでケースも大きくなり内部はゴチャゴチャし、ノイズは出るはで、コンパクト化を目指していた本来の趣旨からかけ離れ、ケースが大きくなることで移動が大変になり、その結果、練習教室に行くのが億劫になって行かなくなってしまった。

そんな考えをリセットし、コンパクト化を再検討した結果、余計なものを追加せずマルチエフェクター本体だけで十分ではないかと考えていたところ、GT-100が発表。

GT-100 全体

これも何かの縁か~ 強引な流れではありますが、この際、購入して1年も経っていませんでしたが、発売日から約4年経っている機種なので、新型が出るとやはりこっちの方が良いだろうと下取り価格が高いうちにGT-100を検討することにしました。

大きさはほぼ同サイズ、外観からの違いは色がシルバーから精悍なブラックになり液晶画面が大きくなりました。

GT-10は一つ一つのエフェクターに小さなエフェクト・セレクト・ボタンがありON・OFF状態が一目で分かるようになっていたが、新型は大きくなった2つの液晶画面からの確認となり廃止。

GT-100 液晶画面

僕の場合、マニュアル・モード(コンパクトエフェクターのように個別でON・OFF)ではまず使うことがなく、パッチ(保存した音源をペダルに割り当てて切り替える)管理してるので設定段階で頭の中で何が繋がってるか把握していることで、なくても特に不便は感じませんでした。

これを機に、マルチエフェクターを、他には何も繋がないことで、以前ME-70に使用してた小型ケースにスッキリ納めることができた。

今迄、素人にありがちな沢山付ければいい音がするだろうと、ゴテゴテとコンパクトエフェクターを追加しすぎていましたね。


  練習しなくては~



スポンサーサイト



2012/03/18(Sun)14:55
音楽トラックバック(0)コメント(0)
<<ゆっくり食べたい │ HOME │ パドル調整>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/869-ceef4851
 │ 日記TOP │