FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 スーパーカブ  /2012年05月25日(金)
子供の頃から原型がそのままであったカブが新型になり、生産国を中国に移すことで約5万円安くなった。

従来モデル採用のフロントフォークはボトムリンク式からテレスコピックタイプへ、ホイールベースを35mm延長し、荷物積載時の安定性や装備の充実と使い勝手の向上、よりリーズナブルな価格を目指したとのこと。

僕が初めてカブに乗ったのは今から25年前のこと。

台湾一周一人旅の中で、緑島(リュイタオ)という小さな島に行った時だった。日本人は僕だけで、あとはツアーで来られた台湾の方のみ。

25年前のチケット
当時のチケット

船便:富岡→緑島、緑島→富岡 各132元

当時、ここは政治犯が入所する緑島監獄があり、観光といっても緑島海底観光(グラスボート)120元で海中や海岸沿いの奇岩を見る位しかくらいしかなく、時間を持て余し、日帰りにすればよかったと後悔する。

緑島 グラスボート内
グラスボートの様子

安宿では刑務所の撮影しないよう事前に注意を受け、あとは周辺を散策してみようとレンタルバイクカブを借りた。
宿とは名ばかりで、監獄のように狭苦しくて、当然風呂はなくてバケツに水を汲んで洗い流すのが安宿のおきまりコース
そんな環境下で唯一、宿の女の子が明るく振る舞い、世話をやいてくれたことが救いだったのを覚えている。

海岸沿いの細い道は舗装されていたが、あまり良い状態とはいえず、傾斜のきつい場所が沢山ある中、少々ラフに扱ったものの、難なく走り
ダサイ イメージが強かったが、中々良いじゃない! がカブの第一印象。

レンタルバイクのカブ
中央に写っているのがカブです

現地での整備が行き届いてなかったため、フロントタイヤを止める片方のナットがよく弛み、何回か締め直しながら走ったことや、フロントサスのストロークは物足りなさは感じたものの、エンジンは快調にトラブルなく走ってくれた。

睡美人岩と哈巴狗岩かな?
睡美人岩と哈巴狗岩かな

遠心クラッチも慣れると楽なもので、出前のラーメン屋か新聞配達員になった気分で1時間も掛からず1周したと思う。
他に予定もなく、一泊しなければならなかったのでカブで周回を繰り返し時間を潰してたかな~

今となっては橋の名前が~
今となっては橋の名前が~

台湾本島では当時、レンタルバイクはベスパが圧倒的に主流でしたが、見慣れた日本製のカブがいかに乗りやすく頼もしく感じたことか。


  後にも先にも、この時しかカブに乗ったことがない・・・・・



※船便及びグラスボート代は現在から25年前の料金。



スポンサーサイト



2012/05/25(Fri)17:02
バイクトラックバック(0)コメント(0)
<<チキンクリスプマフィン │ HOME │ でんでんむし>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/927-36597d6c
 │ 日記TOP │