FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 T-REX みそすり現象  /2007年07月03日(火)
やはりラダーリンケージ周りが気になりラダーサーボに使用しているFutaba S9650付属のラダーホーン星形(中型)から丸型(小型)に変更してみました。色々な方の話を聞くとラダーサーボのリンクボールの位置はサーボ軸の中心から近い方が良い又は離れている方が安定する。とまちまちなので、意見の多かった小径の丸型に変更し、しばらく様子を見ることにしました。
Futaba S9650付属のラダーホーン星形

今日は、全方向のホバリングにチャレンジしてみた。
ケツホバ・左右の横ホバ・対面ホバ 対面ホバはかなり厳しかったですが何とかこらえました。横ホバは右横ホバが落ち着きません。練習をせねば!
緊張する対面ホバリング あまり長くしたくないな~

ホバリング中に前後がピクつく"みそすり現象"が現れました。
メインローターの回転が落ちると出るらしくベテランにプロポ側のTHRO CURVPIT CURVを多少変更して頂きました。この時、THRO CURVは全然いじっておらず右肩上がりの直線状態であったのに気がつく!
中間付近のホバリングでシビアなスティックだったのも頷けます。
その後収まりましたが、ホバリング中バッテリー電圧が落ちてくるとこの現象が出てくるようになりました。
みそすり現象が出たらバッテリー交換というのも分かりやすいですが、今迄なかったことだけに何か嫌な感じです。
THRO CURVPIT CURVのバランスがまだ取れていないのではと思いました。

それにしても初めてTHRO CURVPIT CURVの画面を見ました。
これではいかん!
先輩方に任せすぎ・・・・
その後、ドライブベルトのテンションを指摘され調整。

常に目配りしていないといけませんね~。

4日 早朝3時起床し、速攻で窓から外の様子を窺うと雨が容赦なく降っていました。せっかくの休みでしたが残念です。
スポンサーサイト



2007/07/03(Tue)08:57
ラジコントラックバック(0)コメント(0)
<<無花果(いちじく) │ HOME │ T-REX ラダー設定>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://fanfry.blog79.fc2.com/tb.php/99-c3c2590f
 │ 日記TOP │