カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 絶好調~  /2017年08月27日(日)
気温25.5℃ 湿度73% 風速2.3m/s(晴)
日の出/日の入り(東京)5:09:33/18:16:18

自宅~多摩湖往復(往復約50kmコース)
自宅→いつものコース→都立狭山公園→湖畔通り→新丸山二の橋(空堀川)→黒目川→自宅

積算距離:919.43Km 走行距離:52.43Km
走行時間:02h38m 平均速度:19.8Km/h
所用時間:03h20m ケイデンス:60~90rpm
03:45~07:05

今日はユックリ休む予定であったが、昨日のポタでサイコンの電池切れによる走行距離の未計測が気になり同じコースを走って再確認!


かったるいとは思ったが、電池交換後のサイコン動作確認も直ぐにしたかったので仕方ないかと~

自宅を出発した時点では少し風があって体感的には涼しく楽でしたね

そのせいなのか分かりませんが、途中に歩道で自転車を横倒しにして気持ち良さげに寝てる酔っ払いがいましたよ・・・・


やっぱり、サイコンとスピードセンサーの電池を交換したことで順調~

以前より動き出してからの反応が良くなったような気がします


電池は3月に交換して約5ヶ月経ちますが、突然の未計測もテンション下がるので早めの4ヶ月位で交換することにしました

昨日の走行距離は未計測だったので目安で49.31Kmとしましたが、同コースの計測で52.43Kmと分かったのでサイコンを修正


今まで走行距離が50kmを越えませんでしたが、都立狭山公園→湖畔通り→新丸山二の橋(空堀川)に合流することで余裕でクリア

一旦逆方向になるので距離を稼いでいるようです


iPhone から投稿


2017/08/27(Sun)08:11
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 電池切れ  /2017年08月26日(土)
気温27.8℃ 湿度89% 風速1.1m/s(晴)
日の出/日の入り(新宿)5:08:37/18:17:23

自宅~多摩湖往復(往復約50kmコース)
自宅→いつものコース→都立狭山公園→湖畔通り→新丸山二の橋(空堀川)→黒目川→自宅

積算距離:864.00Km→867Km(修正) 
走行距離:49.31Km→52Km(修正)
走行時間:--h--m 平均速度:--.-Km/h
所用時間:03h25m ケイデンス:60~90rpm
03:50~07:15

メモ書き
・PADRONE SMART+
 ファームウェアVer1.1.0.e
 電池交換 CR2032×2
・スピードセンサー
 電池交換 CR2032×1

・Cateye Cycling(スマートアプリ)
 Ver1.6.2.12
 タイヤ周長:2070mm(ロードタイヤ)

地図を眺めてて、見晴らしが良く景色が良さそうなイメージの"湖畔通り"という名称が気になり、都立狭山公園で休憩後、その通りを走り空堀川に合流するコースを走りました


長閑な住宅街を横切る直線通りが続き、今日の一番かなと思う高台からパシャッ!


日の出前の出発が多く、暫く走って外灯の下でサイコンを見るとスピードセンサー位置がズレて計測してないことが何回かあったので、ナイトモードをONにし決められた時間内でサイコンのボタンをどれか押すとバックライトが点灯するようにしました


黒目川を走行中のこと、ボタンを押すとバックライトは点灯するが何も表示しなくなってしまった


電池切れならバックライトも点灯しないハズと思い本体の故障かと・・・・・・

この瞬間からモチベーションがなくなり帰りたくなりましたよ~


走行中にどの位スピードか何キロ走ったか等をチョコチョコ見てはいますが、それがなくなると結構寂しいものですね

コース変更はあったものの走行距離は未計測ながら概算値、初っ端からテンションが下がり、寄り道もなかったので出発時間がいつもより遅い割に早く帰宅!


その後、電池を交換したら正常に戻りました

バックライトはそんなに使用してませんが、早めに交換した方が良さそうです


iPhone から投稿


2017/08/26(Sat)08:09
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 肝心の卵が~  /2017年08月13日(日)
気温26.5℃ 湿度72% 風速1.4m/s(晴)
日の出/日の入り(新宿)4:58:32/18:33:35

自宅~多摩湖往復(往復約50kmコース)
積算距離:814.69Km 走行距離:48.51Km
走行時間:02h38m 平均速度:18.4Km/h
所用時間:03h40m ケイデンス:60~90rpm
03:35~07:15


健康と体力作りのため行っている早朝ポタですが、回を重ねるごと楽しくなってきています

日差しが強いので日の出前の出発になり早起きになってしまいますが、時間帯が通常と違うことで同じ道にしてもひと味違う雰囲気、それに空気が澄んでるので気持ち良いですよ~

外灯もない真っ暗な路面も最初こそ怖さを感じましたが不思議なもので回を重ねると慣れてきました

只、メイン走行となる川沿いの側道には所々に石の車止めがあり、反射板もないのでかなり近づいて気づくことがある

歳と共に目も悪くなってるし、安全のためもう少し明るいライトは必要かと感じています


女性のランニングも多数お見かけするので、こちらの存在を遠くからより明るいライトとセーフティライトでアピールすれば変に間違われることなく安心されるかと・・・・・

ポタリングで楽しいことは走ったり景色を見たりとありますが、途中で摂る食事も楽しいもの

この年になると普通の定食では量が多く、途中で調子が悪くなりそうなので、せいぜいおにぎり2個とお茶で十分!


たったそれだけでも もの凄いごちそうなんですね~

多摩湖近辺にあるサイクルラックのあるコンビニで"まるごと半熟煮玉子"というおにぎりとお茶で朝食!

寒いときはイートインも良いですが、夏季の早朝であれば涼しい外が気持ち良い

ベンチでこのおにぎりを食べていたところ、直ぐさま雀が数羽舞い降りてきた

慣れたもので、ここに来れば何かしら餌をもらえると分かっているのであろう


二口食べて半熟煮玉子の味を確認し、雀に その米粒を少し投げてあげた

その時、おにぎりが何となく軽くなった?

振り返って、つかんでいるおにぎりを見ると肝心の半熟煮玉子だけ足下に落ちて砂だらけに・・・・

  ウワッ~~

雀を見ると腹一杯なのか、目の前の米粒に何の反応もせず

 なんてこった~


その後、往復50kmに近づくよう寄り道・・・・


とある場所で道路の真ん中に横たわる黒い物体を発見!

ご近所さんの飼い猫のようですが、殆ど人通りがないので寝てたのでしょう


ここで15分位、猫と遊び、川沿いでは中々遭遇しないカワセミを暫し眺めて5分程、時間の経つ寄り道ばかりで距離は延びません


iPhone から投稿


2017/08/13(Sun)08:02
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 RAPID mini  /2017年08月12日(土)
暗闇に出発する早朝サイクリングで、最近 気になることが2点!

もう少し明るいライト(blog)とセーフティライトが欲しくなった~

ライトに関しては検討中で、セーフティライトは生産終了してる小型軽量のNIMA(ニマ・SL-LD130-F)を使用してますが、できればLEDが1個以上の賑やかに点灯・点滅するタイプで後ろを振り返った際、その状態が確認できるくらいの明るさが欲しい


サドルバッグ後方に付けるので、それに対応したブラケットがあること、又振動で揺れたり傾いたりしない小型軽量を求めると、かなり機種が限定され、その中から RAPID mini(ラピットミニ・TL-LD635-R)が候補になった


現物は写真で見るより小さく、オプションのクリップ(C-2・5342460)を使うことでサドルバック後方の枠に差し込み簡単に取付完了~

最近、主流になりつつある暗いところで振動を感知すると自動発光するオートモードではなく、敢えてオーソドックスなSWでON/OFFする機種を選びました

ダートも走るので感知センサーが振動で壊れる可能性があるかなと・・・・・


iPhone から投稿


2017/08/12(Sat)17:49
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 明るいライトが?  /2017年08月09日(水)
気温27.2℃ 湿度81% 風速1.1m/s(晴)
日の出/日の入り(新宿)4:55:24/18:38:00

積算距離:766.14Km 走行距離:48.49Km
走行時間:02h29m 平均速度:19.4Km/h
所用時間:03h15m ケイデンス:60~90rpm
03:40~06:55

自宅~多摩湖往復
(往復約50kmコース、修正あり)
空堀川の狭山堀橋(右岸)をアンダーパス→中橋(左岸)~~→下砂橋(左岸から右岸へ)→新宮前一の橋(工事中のため右岸から左折、二つ目の路地を右折し空堀川側道左岸へ)→新砂の川橋(右折、細い路地を左折し団地前交差点へ)→東大和中団地前の車道→立野橋×→東大和市立第七小学校の右周りに沿った車道で迂回→上砂橋(右岸)→下砂橋(右岸の側道は通行止の為、脇道へ)→都r5(青梅街道)→市立三中北交差点を左折→ローソン裏の細道へ→念仏塚橋(左岸)→次の橋名称不詳(左岸 畔道だが通行可)→中砂橋(左岸)~~→新薬師橋→都r5(青梅街道)→市役所東交差点(右折)→赤堀地蔵尊スルー→2つ目路地左折→御岳トンネル自転車道オーバーパス→武蔵野の路(薄暗く階段がある)→多摩湖自転車道(合流し西武プリンスドーム方面へ)→ファミリーマート(朝食)→都立狭山公園(休憩)→多摩湖自転車道→(西武多摩湖線八坂駅)→都r5(通過)→久米川ボール→野火止用水→全生園(休憩)→出水川(新宮橋→平成橋合流地点)→黒目川(平成橋→神宝大橋)→自宅着

狭山湖林道入口の私立第一学校給食センター往復もつまらなくなってきたので、市役所東交差点よりショートカットで多摩湖自転車道に繋がる”武蔵野の路”という小道を通ってみました


勾配のある坂道を上がり、住宅街からいきなり薄暗い砂利道へ突入~


何せ薄気味悪いがMTBに乗っている以上、このような場所から逃げるわけにはいきませんから (^0^)


階段は押し歩きになりますが、その先から多摩湖自転車道までは短い距離で合流し西武プリンスドーム周りで都立狭山公園へ

こちらの多摩湖自転車道は殆どが下りになって楽ですが、路面に苔がビッシリある箇所が何ヶ所か確認したので転倒に注意した方が良さそうですね


都立狭山公園に入る前、ファミリーマートでおにぎりなど買って公園で早めの朝食

場所柄サイクリストが多いのか立派なサイクルラックがありましたよ~


他に誰もいないし折角だからサドルを引っかけてパシャ!

公園からは富士山が綺麗に見えました~


川沿いの暗闇は慣れてきたけど、やっぱり心細い~

散歩している方が遠くに確認できたり一人だけでも擦れ違うとホッとするんだよな~

この場所に一人だけではないんだ~ と

相変わらず道路の真ん中に寝っ転がってる猫が4匹確認!

外灯のない真っ暗闇な林道では逆に明るく感じたが、中途半端な薄暗い外灯の光はライトの光との境目がわかりにくく路面状態がハッキリ見えないときがあり、外灯に負けない光量と照射距離がもう少し欲しいと感じた

現在ライトはCAT EYEのVOLT400blog)を使っているが、その上のVOLT800が気になる~~


iPhone から投稿


2017/08/09(Wed)08:40
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 ポタが快適に~  /2017年08月06日(日)
気温26.7℃ 湿度93% 風速1.8m/s(曇)
日の出/日の入り(新宿)4:53:03/18:41:07

積算距離:717.64Km 走行距離:47.75Km
走行時間:02h26m 平均速度:19.6Km/h
所用時間:03h10m ケイデンス:60~90rpm
03:40~06:50


自宅~狭山湖林道入口の私立第一学校給食センター往復
(往復約50kmコース)

往きのコースは昨日と同じ空堀川の側道を辿って私立第一学校給食センター(5:11着)へ到着、ここを折り返して同じコースで帰還のハズでしたが、その前を走る都55rを走り多摩湖の村山上貯水池→村山下貯水池→西武プリンスドーム→都立狭山公園(休憩)と多摩湖自転車道を使い途中で野火止方面から自宅へ


昨日と同じ時間に出発!

川沿いの側道は外灯が一定間隔でありますが、その下に木が覆い茂っていると真っ暗闇、そんな中をライト頼りに入っていくと野良猫が寝っ転がっている場面に何回か遭遇した

特に黒猫はかなり接近しないと認識できないですね~

自転車や歩行者が近づいても逃げないから これまた困る・・・・・


空堀川の中橋付近でようやくライトとリアを消灯、コースを修正しながらノーミスで私立第一学校給食センター(5:11着)到着!

昨日はやっと来れた!

そんな感じもあったが、慣れてくると感動も何もないから寂しいものです


このまま同ルートで帰還するのもつまんないと思い、多摩湖をグルッと多摩湖自転車道を八坂駅迄、そこから野火止用水方面へといつものルートに戻る

全て川沿いコースの方が距離はあるか同等と思われましたが、多摩湖自転車道を使うと若干少なめという結果になりました


適当に遠回りし走行距離を50kmに近づけようと試みるが、このような時の1kmがやたら長く感じる

昨日みたいな雨の降る気配はなかったのでテンション下がらず足取りは常に軽かったです


何より、ハンドルバー左側にあるFOXフロントサスペンションCTD ADJUST用リモートレバーを適切に使うことで走りが軽く、乗っていて非常に楽しい、まるで今までと違う車体に乗っているようだ

今は、ロードタイヤなのでブロックタイヤであればダートでの走りも激変するのではと楽しみにしている


iPhone から投稿


2017/08/06(Sun)08:31
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 PODIUM ICE  /2017年08月05日(土)
サイクリング専用ボトルのPODIUM CHILLPODIUM ICEを持っていて、取り敢えずPODIUM CHILLblog)から使ってみました

ボトルを握るだけで自動で開閉するJet Valveは勢いよく飲料が出てくるので、疲れて息苦しいときなど楽に飲めますね~


逆に簡単に出てくるので空っぽになるのが早いかも・・・・

ボトルケージはダウンチューブ取付で、通常のペットボトルより全長があり直径も若干ありますが前後に揺さぶられケージから脱落したり、出し入れしにくいなどは特になかったです

この辺はケージ形状やサイズによって違いがあると思われます、又激しいダートなどを走ったら定かではありませんがフラットな路面での使用では今の所トラブルなし


Jet Valveは飲料が不用意に漏れないようロック機構があって、鞄などに入れて持ち歩く際、本体を押しつぶす可能性があればロックしないと吹き出してしまいますね

因みに、サイクリング中は終始ロックはしてませんが漏れは一度もなかったです

PODIUM CHILLの保冷能力はどうだったかというと外気温、中に入れる氷の量、出発直前までの保冷状態によって大きく左右されると思います

僕の場合、色々と試しましたが目安としてだいたい1時間一寸かな~


それで、PODIUM ICEは同容量(620ml)にもかかわらず値段はCHILLの約2倍、保冷能力は保冷機能を持たないボトルに対して約4倍、一般的な保冷機能があるボトルに対して約2倍との謳い文句

そのスペックを信じるなら、この猛暑の中、使う順番がPODIUM CHILLPODIUM ICEではなく

 いきなり PODIUM ICE でしょ~

で、本日デビュー~~

CHILL と同容量ながら高さはICE の方が約25mm大きい デカッ!

素人目に大きさ以外、外観や中身は同じように見えるが何処が違うのか分からん~


ICE(高さ約270mm)はCHILL(高さ約245mm)より全長が長いことで、フレームサイズによってはボトルケージに収まっても取りづらくなることがあるようですが、こちらのダウンチューブに付けた10年以上前のケージですが問題ありませんでした


ダウンチューブのケージに付けたときの大きさ比較


前日、容器に1/4を氷、残りにアクエリアスを入れて冷蔵庫へ

だいたい同じ給水ポイントとなりますが、冷たさを維持しており、氷が溶けずに残っているのが分かりました

1・2時間くらいは冷たさをキープ、3時間後では氷が全て溶け、冷えているけど限りなく常温に近い微妙な温度かな?

Jet Valveはロックしなくても漏れはなかったですが、気温との温度差でボトル表面に結露が発生しポタポタと垂れることはありました

後、思ったのはJet Valveをロックすれば、少しは外気温から遮断され保冷時間がもう少し延びるかも と思いました

どっちが良いかと聞かれると、どちらも甲乙付けがたい

CHILLはICE程の保冷能力はないが大きさはICEより小さめ、小まめにコンビニや自販機の冷えた飲料を補充することで役割は果たせる

ICEはCHILLより保冷能力が長いとはいえ驚くほどではないと思う、それにボトルが大きくなり圧迫感が気になる
それぞれ、氷の量を増やすとか飲料を冷凍させるとか工夫すれば保冷能力がUPすると思いました


取り敢えず2種類あるので、気温や気分?に応じて使い分けてみたいと思います


17/08/09追記
前日にPODIUM ICE容器にCCDドリンク、3/4程の氷を入れて冷蔵、当日は気温27.2℃ 湿度81%、時間帯が03:40~06:55、3時間15分の走行時間で氷は全て溶けてしまいましたが冷たさはキープ!


iPhone から投稿


2017/08/05(Sat)17:20
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 4gの軽量~  /2017年08月05日(土)
前々から17 MERIDA BIG.SEVENのR側ブレーキの効きが

    カキッ!

ではなく ヌメーッ キイー!

   といった感じ

効きが悪いわけではなく支障もないのだが僅かなブレーキタッチが気になる

たぶんエアー抜きをおこなった際、ミンクオイルがブレーキパッドに付着したと考えられます

パーツクリーナー等で脱脂してみましたが、やっぱりダメで、このような時は新品と交換するのが手っ取り早い


その他、XTR用Fキャリパーボルト上下に交換

元々、この車両にはXTのキャリパーが付いていたのでボルトもXT用、上側(長い方)10g、下側(短い方)9g

交換後、XTR用キャリパーボルト上側(長い方)8g、下側(短い方)7g

XT用と比べ、ヘッド部が小さくなって上下の合計が19g→15gへ 4gの軽量~~

ほんと僅かながら軽量です


メモ書き
・ディスクブレーキパッド
G02A RESIN(XTR XT SLX ALFINE)

・BR-M987 Caliper Fixing Bolt Unit
上側(ロング):Y8LF98040
下側(ショート):Y8LF98050


iPhone から投稿


2017/08/05(Sat)17:03
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 思い込み~  /2017年08月05日(土)
気温26.7℃ 湿度93% 風速1.0m/s(曇)
日の出/日の入り(新宿)4:52:16/18:42:07

積算距離:669.89Km 走行距離:49.43Km
走行時間:02h44m 平均速度:18.0Km/h
所用時間:03h30m ケイデンス:60~90rpm
03:40~07:10


自宅~狭山湖林道入口の私立第一学校給食センター往復
(往復50kmコース)

時間を有効に使うため3時に起床、前回と同様にライト点灯、リア点滅で3:40には自宅を出発!

暗闇の中の誰もいない夜道は走りづらく流石にこの時間帯は誰も見かけませんでした

川沿いはポツポツと外灯はあるものの、お化けとか幽霊なんかより、いかれた人間が身を潜めてないか、追っかけてきたりしないか、そちらの方が恐いな~

そんなことで、いい年した中年が何回か後方確認をしつつ鳥肌が立ちましたよ~

お気に入りの自撮りポイントもまだ暗闇だったのでスルー

周りの景色が暗いと距離感がつかめないし、楽しさも半減です


一向に晴れる気配が感じられず薄暗い空の下、立野橋を過ぎた頃に霧雨がポツポツと~

折角のポタリングもここまでか~

もう諦める体制でしたが、これから向かう空は何となく明るかったので、もう少し強めに降ってきた時点で引き返すことにしました


コースをミスることなく武蔵村山市立学校給食センター(05:16着)に到着!

道を覚えてしまうと早いものですね


今更ながら走っていて気がついたんですが、疲れを半減する意味でフロントショックのロックアウト機能を逆に操作していたことが分かった

ハンドルバー左側にCTD ADJUST用リモートレバーというのがあって3段階をコントロールする手前の銀色押しボタンを上からカチッ! カチッ!と2段階押し込めるレバー


奥側の黒色ボタンを押すと、全て解除され一番上に戻る仕組み

その一番上にある状態が→フル・トラベル
1段階押し込む→ミドルレンジ
2段階押し込み→ロックアウト

となっているのを、勘違いして逆の操作で走ってたことが判明~

何を根拠にしてたかは不明で、一番奥に押し込んだ状態がフル・ストロークだと勝手に思い込んでた模様

最初の頃、ダートを走っていてフルストロークの割に腕が痺れ100mmトラベルはこんなものかと我慢していたが、実はロックアウトで走っていた~~

アスファルト路面では逆にフルストローク状態で常に走っていて、何となくフニャフニャするとは思ってたけど、最近のサスは進化したんだと思い込んでいた!

そんなことで、修理出したばかりなのに、また調子悪くなったか~ と

走りながら、3段階のリモートレバーをそれぞれ押して確認したら、一番奥(3段目)に押し込んだ状態でシッカリとロックアウトしてることに初めて気がついた・・・・・

これって~~

そういうことだったの~


アスファルト路面で激変し、もの凄く走りやすくなったので驚いた!

FOXに油漏れとロックアウトしない件で修理出したけどロックアウトに関しては問題なかったのかも・・・・・

  ヤバッ!

中年になると思い込みが強くなる~ (^^ゞ


iPhone から投稿


2017/08/05(Sat)08:08
自転車トラックバック(0)コメント(0)
 空堀川を上流へ  /2017年07月29日(土)
気温26.7℃ 湿度93% 風速1.0m/s(曇)
日の出/日の入り(新宿)4:46:51/18:48:29

積算距離:620.45Km 走行距離:49.73Km
走行時間:02h48m 平均速度:17.6m
所用時間:03h20m ケイデンス:60~90rpm
04:15~07:35


自宅~狭山湖林道入口の私立第一学校給食センター迄
(往復50kmコース)

空堀川の狭山堀橋(右岸)をアンダーパス→中橋(左岸)→下砂橋(右岸)→次の橋名称不詳(左岸)→砂の台橋(左折)→東大和中団地前の車道→立野橋×→東大和市立第七小学校の周りに沿った車道で迂回→上砂橋(右岸)→下砂橋(側道は現時点で×、右岸側の車道で迂回し大曲街道へ)→市立三中北交差点を左折→ローソン裏の細道へ→念仏塚橋(左岸)→次の橋名称不詳(左岸 畔道だが通行可)→中砂橋(左岸)→新薬師橋→都r5(青梅街道)→市役所東交差点(右折)→一つ目T字左折(左手に空堀川を進む)→七所神社→かたくりの湯→武蔵村山市立学校給食センター(06:04着)
※そのまま進める途中の橋は省略


出発時刻は早朝4時を過ぎたばかりなので、辺りは暗くライト点灯でスタート!

この時間帯をMTBで走るのは去年以来かな?

流石に林道は真っ暗で何が出てくるか分からない恐怖があったりしますが、都内であれば道路は外灯で明るく照らし出され快適~

ライトは黒目川の途中まで点灯、外灯もあるし意外にも散歩・ランニング・カメラ撮影・釣り等をいそしむ方が意外にいらしゃって各々空いた時間を無駄なく使ってる感じがしました

水分補給はいつもの場所でウイダーinゼリーと水分補給!


PODIUM CHILLも吐出加減や味に慣れると使い勝手は良く感じてくる、但し衛生面で毎回洗浄するのが面倒です

今日は行けるかどうか分からないが狭山湖林道入口横の学校給食センターが目標

空堀川の五中橋までは、通過できるポイントが記憶のあるうち再度アタック!


下流側では綺麗に整備された側道ですが、上流側では工事・整備中であったり行き止まり、又膝上まである雑草が生い茂り行く手を阻まれ、無理に入っていけばスズメバチの攻撃やら実際危ない目にも遭ったので、このような通路は深入りせず迂回するのが安全だと分かりました

グーグルマップを見れば最短ルートが分かりますが、畔道だとその詳細までは難しく、実際に足で確かめないと状況は分からないのである程度時間を要します

前回の最終地点、空堀川の五中橋までは殆どノーミスで行けた

立野橋は奥側に新しい側道が見えるが、その入口が出来てないようで東大和市立第七小学校の周りに沿って大きく迂回し上砂橋から下砂橋

下砂橋から側道は現時点で×、右岸側の車道で迂回し大曲街道へ入り細道を通過し念仏塚橋に合流~


往きで念仏塚橋次の名称不詳の橋から中砂橋の区間、側道の畔道を通れないとパス(実際は普通に通れた)し、それに平行する迂回路を通ったのだが、少し高台で遠くにある小高い山に住宅がびっしり埋まっている様が何となく良い感じに見えた


この場所に再び来た時、感動も何もないかも知れないが忘れぬうちに取り敢えず記憶?

中砂橋から先は比較的整備された左岸で青梅街道の新薬師橋まではアッいう間、裏道を通って七所神社、そこから現在リニューアル中のかたくりの湯(工事中)、最終目的地の武蔵村山市立学校給食センターへと辿り着きました


多摩湖自転車道以外のルートで自走は厳しいと思われましたが、路面の高低差がないに等しく風の影響を受け難いことで疲れはなかったですね


しかし、最終目的はこれプラス狭山湖林道を1周して自宅まで帰還する なのです

今はロードタイヤで漕ぎも楽ですが、ブロックタイヤとなると どうかな~


要所要所、国道や都道を走ってしまえば時間を短縮できますが、川沿いの道は見通しが良く周りの景色も綺麗で思わぬ発見もある、又住宅街を抜ける環境がママチャリでお散歩の延長線にあるようで何か楽しいのだ


iPhone から投稿


2017/07/29(Sat)08:18
自転車トラックバック(0)コメント(0)
前ページへ  │ 日記TOP │  過去記事へ