FC2ブログ

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別アーカイブ
 16 大雪  /2016年01月18日(月)
東京都内では、17日夜から降りだした雨が18日未明に雪に変わり、朝方には雪からまた雨となり15㎝程積もった雪は水分を多く含み重みを増してビチャビチャ~

側溝の穴を塞ぎ水捌けが悪く、フカフカに見える雪に足を踏み入れると降り出した雨と溶けた雪で水がチャプチャプに溜まり長靴でないと靴下迄濡れてしまう そんな状況です


天気予報では過去、当たり外れがあって振り回されたことがありますが、今回は大当たり!

普段バイク通勤ですが転倒などリスクが大きい、又電車やバスにしても雪による遅延で入場規制があり家に中々帰れないのがイヤなので車で出社~

こんな時のため会社近くの安いコインパーキングをリサーチしてました

24時間最大1,000~1,300円の有料駐車場を見付けてたので、気持ちも楽~~

会社から少し離れれば1,000円、しかし、歩く距離を考えれば少し高くてもしょうが無い、安いからといって住宅街にある狭い通りは出るとき大変なので、大きな通りにある方が後々楽ですね

車道は思いの外、空いててバイクで帰る時間より約30分遅れで自宅に到着!

着いてそうそう 今度は雨の降る中、自宅前の雪掻きで大汗かきました

あと1・2回、大雪があるかな・・・・・


iPhone から投稿


2016/01/18(Mon)10:34
トラックバック(0)コメント(0)
 ECU書き換え  /2016年01月06日(水)
最近、フィールダーの運転中、Dレンジでブレーキを掛けた状態での信号待ちの時、アイドリングが通常750rpm近辺から徐々に500rpmまで下がり、低回転によるハンドル廻りの振動とメーター内の液晶(オレンジ色)が若干ちらつく様な現象に悩まされてました

実は1度完全にエンジンが停止したこともあり、その時は たまたま起きた のだろうと気にも留めてなかったのですが、最近やたら信号待ちでアイドリング低下とそれによる振動が顕著に現れ、リーコルblog)で修理したばかりでもあり何か大事になる前触れではないかとディーラーへ

どういう分けかディーラーに持ち込むとその現象が再現されなくて、整備士さん同乗で周辺をグルグル回り、ようやく確認できた

今の車は-ドライバーやツマミ等でアイドリング回転数を調整することができないらしく、O2センサー(エアーフローセンサー)というので空気とガソリンの比率を最適になるよう又その車に合った適切なアイドリングを決めているのだそうです

原因として、エアークリーナーの目詰まり、O2センサー汚れ及び故障など考えられるが、内部を調べた結果、機械的に問題なし

ECU(エンジンコントロールユニット)の最新Verに"アイドリング低下の改善"といった項目があるとのことで書き換えして頂きました(Ver.31232000→31232600)


バッテリー交換時にも、上記の内容がリセットされてしまうので一時的に安定しないこともあるからバックアップをとった交換が望ましいとか、常に最新Verにすれば良いということではなく現象があるとき書き換える そんなことをいっておりました

今や車やバイクのエンジン内部はコンピューター制御、デジタル信号で色々な情報をやりとりし常に最適なコントロールをしている訳ですが、その反面怖い部分もある~

書き換え時間は5分位で終了し、作業代金は無料~

帰り道、Dレンジでブレーキを掛けた状態での信号待ちではアイドリングが750rpmをビッタリキープ!

Pレンジでサイドブレーキを掛けた状態では800rpm位をキープし安定しました

 まっ これが普通なんだけど・・・

最初にはなかった現象ですが、年数が経つとともにこれ以外に色々な現象が出てくるのかな?


ECUの書き換えたからといって、安心はできないので暫く様子を見たいと思います


iPhone から投稿


2016/01/06(Wed)10:57
トラックバック(0)コメント(0)
 リコール出した  /2015年12月10日(木)
マイカーがリコールの対象となりディーラーに行ってきました

過去にリコールの案内が何回か来たことがありますが、こんな大掛かりなことは初めてだと思う


担当のお話では不具合による症状は走行中に体感できるものではなくて、"突然 止まってしまう"らしく、それも恐ろしい話しだが全国でも数件の事例しかないとのこと

ディーラー入口にはお客様予約者のホワイトボードに内容が表示されてますが、新車・商談などはあっても、さすがにリコールのお客様表示はなし

 なんとなく分かるけど~

簡単な説明が終わり、代車を用意してくれてるはずだったのが、スタッフ間の申し送りミスで1台もないと (^^ゞ


慌てて近くのトヨタレンタカーへ手配・・・・・

本来なら車を預けて直ぐに代車に乗って帰れるはずだったのに、50分程待たされる羽目になった (--#)

整備担当の方が平謝りだったので、人間ですからミスはありますよ~ と言ってはみたものの、その後、鍵を車に忘れてしまい、お昼頃にディーラーに取りに行き、序でに進行具合をお聞きすると、まだ始めていないと・・・・ (--#)

新車購入のお客さん以外は " 扱いが雑" に感じるのは何処のディラーも同じかも知れないけど・・・・・


20時頃に作業終了の電話が入り、翌日 引取に行きました

因みに交換部品は以下の4点
・CVTインプットシャフトASSY
・CVTリペアキット(BGTHO-5)
・ギヤーオイルスーパー75W(1L)
・CVTフルードFE(4L)

気のせいかも知れないが、何となく調子が良いような~


iPhone から投稿


2015/12/10(Thu)11:38
トラックバック(0)コメント(0)
 リコール来たー  /2015年11月20日(金)
車検blog)が終わって ホッ としたのも付かぬ間、平成18年から平成20年に生産したカローラアクシオ、カローラフィールダーなど 7車種のリコールを発表!

早速、トヨタから"ご愛用車のリコールのご案内" といのが来ました~

その内容は


CVT(自動無段階変速機)の油圧クラッチ機構において、油圧を保持するためのシールが損傷して、クラッチが作動不良となり、路上故障となるおそれがある とありますね

リコールでこの箇所を点検し、異常がない場合は油圧をクラッチ機構を対策品に交換し、クラッチが作動不良の場合は、対策済みの CVT に交換

修理作業時間は、車種・作業内容によって異なりますが約7時間30分~10時間も要すると?

かなり大掛かりな作業で、こちらの販売店では1日に1台の作業しかできないらしく混雑が予想され、早めに予約を取らなければ年内は厳しそうです

直ぐさまリコールの連絡をすると12月上旬に予約が取れたので年内に決着

当日で作業完了かと思いきや、丸一日の作業で翌日の引き渡しとなるようだ

代車は用意されているとのことで安心したけど・・・・


iPhone から投稿


2015/11/20(Fri)18:56
トラックバック(0)コメント(0)
 車検2回目合格  /2015年11月15日(日)
先日の車検では"3項目の指摘箇所"(blog)があり、その内の1つに"スタビリンク"のボールジョイント部にあるゴム製ブーツに亀裂があった為、この箇所を交換

リンク両端にある2箇所のうち片方だけ切れたので、この箇所のブーツのみ交換かと思いきや、片方が何ともなくてもスタビリンクASSYとそれを止めるナット(各2個)は交換となります


現物を見ると確かに融通の利く作り(細かいパーツごとの交換)でないことが分かって納得!

パックリ切れたブーツ内には綺麗なグリスがまだ残っているが、放置しておけば外に漏れて廻りを汚したり、グリス切れによるボールジョイントの不具合が出てきますね


直ぐ近くには似たようなドライブシャフトのブーツというのがありますが、これも経年劣化で何れは切れそう~

ジャッキアップして車の下に入って見ることは今では絶対ないので、定期的な点検整備はやっぱり必要と感じました

それから何も分からずに交換されるより、交換前に何処がどのように悪くて どのようなパーツなのか実際、現物を前に説明があったのでこちらも理解できて良かったです

結局、左側スタビリンクの片方にブーツ切れがあって、こちらの方だけ交換予定でしたが、右側も切れかかっているということで左右のスタビリンク(2箇所)の交換を行い4回目の車検が合格となりました


今迄、お金が掛からなかった分、気が付いたら早めに交換しなければ~


iPhone から投稿


2015/11/15(Sun)15:35
トラックバック(0)コメント(0)
 9年目の車検不合格  /2015年11月12日(木)
この車も4回目の車検で9年の付き合い、同じ車にこんなに乗ってるんだ~

特に不満なく乗り続けているということは気に入っているのでしょうか、早いもんです

走行距離は短いですがステアリングに感じるガタ付きと異音でステアリング下にある"ステアリングインタミシャフトASSY"(blog)というのを交換しましたが、それ以外に大きなトラブルは今の所なし、優秀な方なのかな・・・・

下取り価格が高いうちに新車に買換るのも一つの手ですが、そんなお金はないし、問題なく動いているのであればそのまま乗り続けた方が良いかな~ と

さすがに次の車検まで乗り続けるかは検討中ですけど~

年数が経てば新車時にはなかった小さなガタ・動作音が若干大きくなってきてるのは事実ですが、後はいかに壊れないよう大事に乗るかでしょうか

バイクと違って外観のボディやホイールをピカピカにしても下回りはノーチェックなので、ゴムや樹脂の傷みは経年劣化で進みます

今回は毎回指摘されるブレーキフルードの劣化とブレーキ機構内部の汚れ以外に"左側 F サスペンションとスタビライザーを繫ぐ"スタビリンク"というのがあって、そのボールジョイント部のブーツに亀裂が入りグリス漏れ"があり、この3点は必須項目


その中でもゴムブーツカバーはパーツの取り寄せで数日後の修理になり今回の車検は一発合格となりませんでした

実際にその不具合箇所を本人が目視確認した上での交換・整備なので納得ですが、これからこのような小さな不具合がチョコチョコ出てくるのでしょう


iPhone から投稿


2015/11/12(Thu)15:25
トラックバック(0)コメント(0)
 Yahoo! カーナビ  /2015年09月29日(火)
沖縄出張のため、起床3時 自宅を4時に出発

首都高速道路C2(中央環状線)を初めて使い羽田空港へ

車にあるカーナビは更新していないので新しい高速道路が反映されてないため、いつも遠回りを指示してくる

iPhone6plusにした理由の一つに、この大きな画面でカーナビとして使うことだったので 6plus を吹き出し口に付けるため、AVANTEKの車用携帯電話ホルダースタンドと無料の"Yahoo!カーナビアプリ"を使ってみました


ヤフーIDを入れるとVICS渋滞情報も無料で見られ渋滞回避ルート探索など、使いこなせばカーナビ並みだと思います

ホルダースタンドは 6plus に薄型カバーとBUNKER RINGblog) が付いて厚みが増した状態でも固定できました


今まではレインボーブリッジを走り海が見えるともう直ぐだな と感じてたが、殆どがトンネル内を走り思いの外 早く到着!

今まで遠回りしてたんだな

沖縄へ出張?


そんなわけないか~


iPhone から投稿


2015/09/29(Tue)04:49
トラックバック(0)コメント(0)
 タイヤ製造日  /2015年05月16日(土)
バイクは日常的に使ってるので、こまめなメンテナンスを心掛けていますが、車となるとボディーやホイールなど綺麗に磨いてピカピカにすれば、そのような雰囲気になり足回りなど気にしないで終わってしまいます。

ですが~ 昨日、山道を走ったことでタイヤのことが気になり、いつ頃交換したっけな~ と ふと思いました。

走行距離がわずかであると交換サインであるスリップサインやタイヤサイドのひび割れ、傷など目安としてハッキリと現れない場合、製造日で経年を知るのもう手でしょうか。

製造日がタイヤに刻印されていることを店員さんから教えていただいて初めて知ったわけですが、通常の場合であれば側面にアルファベットと数字で"製造年週が刻印"され、そこから製造年月を知ることができます。


因みに、交換したタイヤはX1015、アルファベット後半の数字4桁から10は10週目(1ヶ月を4週と見る)を表し2月の2週目、次の15は2015年を表すことで"2015年2月に製造"されたタイヤとなるようです。

見た目は減りも少なく綺麗に見えたけど、前回交換したのが10年3月で製造日は10年2月、5年以上も経ってました~

ゴムや樹脂系は見た目で判断するのは危険で、経年劣化その他により一般道や高速道路の走行中、突然バーストすることもあり、最近この手の事故が増えているそうです。

このようなトラブルに遭わないためにも、初心にかえり走行前のチェックは必要ですね。

ショップによれば推奨2~3年だそうですが、溝の減り具合・製造年週・交換サイン・家庭事情など交換時期は人によってまちまち。

なので、お金があれば車検毎がベストでしょうけど、色々な事情もあるし見た目でハッキリと分かる溝の減りで判断してしまうかな。

今月は、車やバイクの自動車税はくるし お金が飛んでく~


iPhone から投稿


2015/05/16(Sat)12:03
トラックバック(0)コメント(0)
 CARINA  /2015年04月10日(金)
林道ツーリングに向けME06(XR250R)のパーツを新調するため、"風魔プラス1"へ!

気合い入って、開店の10分前には到着!

しかし、時間が過ぎても中々開かない?

この日は寒くて、待っている間、店前の自販機で温かなコーヒーを飲んで体を温めようと、でてきたコーヒー缶を手に持ってビックリ~

冷たいコーヒー缶を買ってしまい、再度 温かなコーヒー缶を ついてないな~


それにしても遅いな~ とお店の扉付近を何気に見ると "本日16時より営業いたします" と段ボールに走り書き・・・・

マジッ と思いつつも出直しで再度訪問!

またしても、時間になっても店長が来なくて再び待つことになりましたが、その間、良いことも~


店前には流線美ある白の車が駐車。

その車は、風魔プラス1の隣りにあるお店 "MOTARO"さん(blog)所有のトヨタ・カリーナ(CARINA )ハードトップ2000GTでした。

昔の車って、最新装備はないんだけど旧車独特のフォルムが綺麗なんです。

古くなるにつれパーツがなくなり現状を保つのが大変だとか~


僕も昔トヨタ・カローラ スプリンタートレノ2ドア(TE71)というのを乗っていて、いつまでも所有していたかった車ですがボディーの錆びや水漏れが次々と発生し、手に負えなくなって手放しましたが、最新の車にはないノスタルジック感があるんですよ。

ME06にも共通するものがありますね。


iPhone から投稿


2015/04/10(Fri)16:15
トラックバック(0)コメント(0)
 シャフト交換  /2015年01月11日(日)
車の走行時、"ステアリング下部より異音"(blog)があることで去年ディーラーで確認して頂いたところステアリングシャフトにあるジョイントに目視でも分かるガタがあるとのことで、"ステアリングインタミシャフトASSY"というのを交換。

大まかにいうとステアリングより下とラック&ピニオンより上の中間を繫ぐシャフト部分、その両端にはボールジョイントがあり再利用のできないボルト各1本(両端で2本)の交換です。


このボルトはネジ上側部分のギザギザが締め込んでいくと緩まないような機構になっており、締めたり弛めたりするとギザギザの角が取れてしまうので安全のためにも原則として再利用不可なのだと思います。

作業時間は1時間弱、その後、シャフトを外すことでハンドルのセンターが狂うのでその調整等々!

外したステアリングインタミシャフトの不良部品は、"自作コクピット"(blog)に使えるかもと頂いた。

どの位のガタがあるのかと素手で双方向逆によじってみたがボールジョイン部のガタ付は皆無で問題ないように見えた。

その辺を整備された方にお聞きすると車体にセットし、もう少し重い力が加わるとガタが出るそうで多少角度が付く箇所から若干の逃げはあるようです。

距離数・年数に関係なくたまたまそのような部品に当たってしまうこともあるようなので、新車時であれば一寸した異音など見過ごさず気が付いたら保証内に直してもらいましょう。


交換後は当然ながら異音は皆無、気持ち遊びが減り剛性がアップしたような~

これが普通なんだけど 久しぶりにシッカリしたハンドリングを体感~


iPhone から投稿


2015/01/11(Sun)11:18
トラックバック(0)コメント(0)
前ページへ  │ 日記TOP │  過去記事へ